ロゴ

公認会計士の資格を取ろう!狭き門を突破する術

公認会計士の資格は重宝素する〈プロになりたいなら必読〉

電卓

取得できれば高い収入

公認会計士は受験資格がなく、誰でも受けることができる国家資格です。しかし誰でも受けることができるとはいえ、その試験のレベルはとても高く、毎年9割の人が不合格となる難関名資格です。公認会計士を取得することができれば会計のプロフェッショナルとして、コンサルティングや税務などいろんな業務に携わることができ、大手の監査法人につくことができれば高い年収を望むこともできるほど強い資格となるため、取得を目指す人は多くいます。高い知識が要される資格となり、勉強をする時間も1日に2時間から4時間ほど費やしなければ習得は難しいかもしれません。しかしそれだけ難しい知識を習得できれば将来は安泰といわれるほど、それだけの収入を得ることができる職業となります。

電卓

独学で学ぶなら通信講座

公認会計士の資格取得を目指そうとする人の中には、学校に通わず自宅で独学の勉強をしようとする人もいます。しかしただ独学のみで公認会計士の資格取得を目指すのはかなり難しいといえます。そこで独学で勉強する人の多くが利用するのが、通信講座です。通信講座を利用すれば学校に通って勉強するよりも費用を抑えることができ、しかもどのような内容が試験に出題されるのか、その範囲を通信講座から学ぶことができるので、試験内容を把握することもできます。自宅にいて独学で勉強するには、学校とは違って自分で計画を立てながら取り組んでいくので、本気で公認会計士の資格取得を目指すようやる気を引き出さなければ難しいものです。しかしそのやる気を引き出すことができれば、自分のペースで勉強できるので知識も身につけやすいという人も多くいます。

広告募集中